日本映画専門情報サイト:fjmovie.com

fjmovie.comトップページニュース一覧>10人の女優が長編映画を制作! 「出生前診断」に斬り込む『渇愛の果て、』制作進行中

10人の女優が長編映画を制作! 「出生前診断」に斬り込む『渇愛の果て、』制作進行中

 劇団・野生児童を主宰する女優・有田あんさんが脚本・監督をつとめ「出生前診断」をテーマにした長編映画『渇愛の果て、』の制作が現在進行中。有田さんと小原徳子さんら10人の女優によるチームが挑みます。

 『渇愛の果て、』は、作品を通して出生前診断、妊娠、出産、障がいについて知り、さらにそれらに対するさまざまな考えがあることを知ることによって「人にやさしくなれる」映画を意図して制作される作品。
 もともと同作は、有田監督が作・演出をつとめ出演もする舞台として今年6月に上演が予定されていました。新型コロナウイルス感染症拡大を受け安全を考慮して公演は中止となりましたが、未曾有の事態の中“命”について考える機会が増えている現在だからこそ、新しく生まれる命に目を向けた作品を届ける意味があるとの考えから、長編映画としての制作がスタートしました。

 映画制作にあたり集まったのは、有田監督の以前の監督作への出演経験があり舞台版「渇愛の果て、」キャストでもあった小原徳子さんら、10人の女優たち。
 女性のみのチームだからこその視点で、難しくデリケートなテーマに切り込んでいきます。

立ち上げメンバー:有田あん 小原徳子 瑞生桜子 辻凪子 烏森まど 廣川千紘 伊島青 藤原咲恵 輝有子 寺田華佳(※出演なし)
記事写真

『渇愛の果て、』メインヴィジュアル

 『渇愛の果て、』は、産まれた子どもが出生前診断の結果と異なり突然変異による障がいを抱えていたという友人の女性の体験をきっかけに、有田監督が「いつか『出生前診断』と向き合わないといけなくなったときに、赤ちゃんとの将来を考える手助けになるように、『出生前診断』をもっとよく知りたい、知ってほしい」と、多くの人々への取材を重ねて脚本を執筆しており、そこには「いろいろな考えや選択肢があることを知ることで、ひとりでも傷つく人を減らしたい」という有田監督の想いが込められています。

 作品は8月に撮影開始。7月15日より、Twitterfacebookinstagramで作品の公式アカウントが開設され、最新情報が伝えられる予定です。
 また、映画の制作を支援するクラウドファンディングが近日スタートすることが決定しています。

 いまだからこそ、このテーマだからこそ、10人の女優たちが自ら作りあげようとしている『渇愛の果て、』。今後の情報にも注目です。

スポンサーリンク